2日正午、福祉パン工房「シエロ」オープン

 知的障害者家族の会「そら」(重岡達彦代表、三十人)が運営する福祉パン工房「シエロ」が、二日正午から宇部市恩田町五丁目(中国電力見初変電所隣)に開店する。宇部ときわ湖畔ユースホステルの厨房(ちゅうぼう)に仮住まいを始めてから三年目。ようやく自分たちの拠点ができた。これまで販売できなかったドリンク類や輸入雑貨も扱っていく。
 毎週木・金・土曜の午前十一時半から午後三時まで。日替わりで十二、三種類を販売する。火曜と水曜は午前九時から午後三時まで小物類を展示販売。

 開店準備のために仕入れた小物類(福祉パン工房「シエロ」で)

カテゴリー:アーカイブ2006年2月1日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ