1日、新山口の開市・開庁式

 県央部一市四町が合併した、新しい山口市の開市・開庁式が一日、山口市役所前で開かれた。人口規模県内二位、約十九万一千人の新県都が第一歩を踏み出した。
 関係者ら二百五十人が出席。飯田宏史市長職務執行者は「旧一市四町の英知、努力によって、きょうを迎えることができた。新市は人口は県下二位、また山口宇部空港に近く、新幹線も通るなど交通の利便性も良い。住民の視点に立ち、魅力あるまち、可能性ある地域づくりを進めなければならない」とあいさつした。

 開市宣言する飯田市長職務執行者(1日午前10時ごろ、山口市役所前で)

カテゴリー:アーカイブ2005年10月1日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ