琴崎八幡宮で節分準備大わらわ

 宇部市内の神社や八幡宮などで、節分(二月三日)に向けた準備が進んでいる。上宇部大小路の琴崎八幡宮(白石正典宮司)では、二十六日から福豆作りがスタート。神職とみこが、七輪の炭火でいった香ばしい大豆と色鮮やかな五色あられを袋詰めしている。作業は月末まで続く。
 同八幡宮では、二月三-五日に節分大祭を実施。福豆は初日(三日)の午前八時から午後七時まで、一時間ごとに無料で振る舞われ、午後五時半には豆まきも行われる。

 豆をいる神職と袋詰めをするみこ(琴崎八幡宮で)

カテゴリー:アーカイブ2006年1月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single