26日の文化財防火デーに瑞松庵で消防訓練

 文化財防火デーの二十六日、宇部市船木大野の瑞松庵(藤村弘隆住職)で、消防訓練が行われた。市教育委員会や消防関係者、地域住民ら約六十人が参加。バケツリレーや消火器での初期消火、文化財の搬出などに取り組み、災害から文化財を守る対応力を培った。
 一九四九年一月二十六日に、法隆寺金堂壁画が焼失したのを受けて、五五年に文化財防火デーが制定され、今回で五十二回目。瑞松庵は、一四一一年に石屋禅師が開いた曹洞宗の古刹(こさつ)。安置されている市指定有形文化財の木造聖観世音菩薩立像は、藤原中期のものとされ、楠地域で最も古い木造仏として伝えられている。

 消火活動でバケツリレーをする地域住民(26日午前10時すぎ、瑞松庵で)

カテゴリー:アーカイブ2006年1月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ