日赤病院が大幅増改築

 小野田赤十字病院(水田英司院長)と隣接する老人保健施設の増改築工事が始まった。病院は各種検査を充実させるとともに、病棟は一般と療養型の病床数を逆転させるなど、時代のニーズに対応し、思い切った転換を図る。
 同病院は一九三二年に結核療養所として三十六床で開院。その後、増改築し、九五年に老人保健施設を開設し、一般と療養機能を備えた複合病院として、地域に質の高い医療サービスを提供している。工事は昨年十一月に着工しており、十二月の完成を予定。新病棟は八月から仮使用し、老健は六月のオープンを目指すとしている。総事業費は約十二億七千万円を見込んでいる。

カテゴリー:アーカイブ2006年1月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ