市小・中学校科学作品展で石川君と大道さんが教育長賞

 第五十八回宇部市小・中学校科学作品展の審査は二十二日、ときわ湖水ホールであり、小学校の部から二十点、中学校の部から十二点が特選になった。入賞作品展は、二十六日まで同会場で開かれている。特選作品は、十月二十八日から山口市の県立山口博物館で開かれる「サイエンスやまぐち2005」の第五十九回県科学作品展に出品される。市教育委員会、市小・中学校理科教育研究会、宇部青年会議所、宇部日報社主催。
 特別賞は、小学校から石川聡史君(川上六年)の「フタモンアシナガバチの研究パートⅡ」が教育長賞、中野明日香さん(西岐波二年)の「たんぽぽかぞくの大けんきゅう」が宇部青年会議所理事長賞、三戸智弘君(厚南五年)の「スカイダイビング」が宇部日報社社長賞を受賞。中学校からは、大道春菜さん(楠三年)の「アルミと磁石の不思議な関係」が教育長賞、水井明李さん(西岐波一年)の「ハーブが土に与える影響」が宇部青年会議所理事長賞、吉岡雅貴君(桃山三年)の「ツタの強度」が宇部日報社社長賞に選ばれた。

 川上小6年 石川聡史君

楠中3年 大道春菜さん

カテゴリー:アーカイブ2005年9月24日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single