「社会奉仕の日」に老人クラブ3120人が環境美化に汗

 全国老人クラブ連合会が提唱する「社会奉仕の日」の二十日、宇部市内の各所で、地域の老人クラブの会員たちが、清掃、除草、空き缶拾いなどの環境美化に、シルバーパワーを発揮した。神奈川県で一九八四年に始まり、八六年から全国的に広まった活動で、今年が二十周年。市老連(井上逸治郎会長)の集計では、加盟百四十三クラブで三千百二十人が参加した。

 草刈りに汗を流す老人クラブの会員ら(20日午前9時10分ごろ、岩鼻公園で)

カテゴリー:アーカイブ2005年9月20日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ