どんど焼きや昔遊び

山口市阿知須の小正月フェスタ(阿知須地域子ども教室実行委員会主催)は十五日、約三百人が参加して阿知須小で開かれた。どんど焼きや火おこしの実演などを通して、三世代が交流した。 宇部市や旧山口市からもたくさんの親子連れが来場。グラウンドで行われたどんど焼きでは、正月飾りや習字作品をくべて、一年の無病息災を祈った。阿知須レクリエーション愛好会などが協力したイベントでは、子供たちは竹とんぼ、たこ、羽子板作りなどに取り組み、次々と自信作を完成させ、昔の遊びを満喫した。木と木をこすり合わせる火おこしの実演では、火がおきるたびに歓声。三世代が触れ合いを深めた。

 どんど焼きの横で火おこしを体験する子供たち(阿知須小で)

カテゴリー:アーカイブ2006年1月16日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ