小野田高に新プール、ステンレス製で3月末完成

 小野田高(岡崎俊治校長)のプールの老朽化に伴う改築工事が着々と進められている。現在、土台となる基礎工事が完了。完成は三月末の予定で、来年度の水泳の授業から、新プールを使用する。
 以前のプールは、一九六九年に造られ、昨年の九月まで使用した。ここ何年かは壁面に多くのひび割れが起こって漏水したり、プールサイドのコンクリートのすき間から雑草が生えたりするなど、著しく老朽化していた。
 県の事業で、総工費は約一億五千六百万円(うち国庫負担は千五百七十五万円)。グラウンドの西端にあった旧プールを解体し、同じ場所に二十五メートルのステンレス製屋外プールを建造する。ステンレスプールは、外圧や水圧に抜群に強くて、さびにくく寿命が長いのが特徴。最近は、学校施設などで多く取り扱われている。

 着々と進められているプールの改築工事(小野田高で)

カテゴリー:アーカイブ2006年1月14日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single