埴生小PTAがステッカーで防犯アピール

 埴生小PTA(藤野正介会長)は、車用の防犯ステッカーを作製した。校区内を走行する際に、車体の側面に取り付け、子供への安全対策を地域にアピールすることを狙った独自の取り組み。
 ステッカーは縦十一センチ、横五十センチ。白と黄緑を基調に、赤字で「防犯パトロール」と書かれている。二百枚を作り、先月二十一日の保護者会などで配布。盗難、悪用を防ぐため、すべて番号登録制になっており、教職員を合わせると現在、五十人が手にしている。吉村誠司校長は「地域を見守る目をアピールすることは、犯罪の抑止力につながる。この高まった機運を短期間で終わらせるのではなく、子供たちを守るという強い気持ちを継続させて、定期的に活動を見直していければ」と、今後の展開にも期待を寄せる。

 埴生小PTAが作製した防犯ステッカー

カテゴリー:アーカイブ2006年1月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ