スギ花粉早くも飛散

 県医師会(藤原淳会長)は十一日、今年初めてのスギ花粉を四日に宇部市で観測した、と発表した。飛散が本格化するのは例年二月だが、気温が高いと早まる。「今シーズンの飛散は平年をやや下回る見込みだが、症状の軽減につながるものではなく、十分な対策を」と呼び掛けている。
 花粉症は花粉によるアレルギー症状の総称で、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが主な症状。同医師会などはシーズンの本格化を前に、専門医の受診など早めの治療開始や、マスクの着用など予防の徹底を呼び掛けている。

カテゴリー:アーカイブ2006年1月12日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ