台風14号、6日夜遅くに最接近

 福岡管区気象台によると、大型で強い台風14号は、勢力を保ったまま九州に接近・上陸し、時速約20キロの速さで北上している。6日夕方までには、山口県を含む九州北部地方のほぼ全域が暴風域に入るため、非常に強い風が吹き、沿岸の海域は猛烈なしけとなる見込み。県内では6日午前9時から7日午前9時までの24時間に多いところで600ミリの雨量があるとみられている。県西部には6日夜遅くに最接近する見込み。7日は、始め雨で非常に強い風の吹く所があるが、台風は日本海に進み遠ざかるため、昼すぎからは次第に晴れる所もあるという。

 岸壁に激しく打ち寄せる波(6日午前7時半、東岐波丸尾)

カテゴリー:アーカイブ2005年9月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single