台風14号上陸の恐れ、高波や山崩れ警戒を

 福岡管区気象台の発表によると、大型で非常に強い台風14号は、五日午前十一時には鹿児島県名瀬市の東約一一〇キロの海上にあり、時速一五キロの速さで北北西に進んでいる。中心気圧は九三五ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は四五メートル。中心の東側三〇〇キロ以内と西側二六〇キロ以内では風速二五メートル以上の暴風となっている。
 宇部市防災課によると、台風14号はほぼ勢力を維持したまま、山口県内に上陸・接近の恐れがある。既に風速一五メートル以上の強風域に入っている宇部市では、あす六日の午後から暴風域に入り、同日午後八時から七日午前零時にかけて最接近する見込み。暴風や高波、山崩れ・がけ崩れ、河川の増水やはんらん、低地の浸水などに対する厳重な警戒を呼び掛けている。特に、六日の満潮時が午後十時三十分ごろのため、高潮被害に注意が必要としている。

カテゴリー:アーカイブ2005年9月5日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single