恩田運動公園など宇部市の指定管理者制度予定施設に

 宇部市は三十日、来年四月から指定管理者制度を導入する予定の三十九施設を発表した。九月六日に開会する定例市議会で条例改正案を上程し、月末から必要な施設の公募を開始。選定委員会が審査して管理者を選び、十二月議会で指定案と予算案が通れば、市民に知らせて、協定を締結する。
 市では今年四月、導入に向けたガイドラインを策定し、公表。公の施設二百六十一カ所について制度導入の可否を検討してきた。導入を予定しているのは、現行の管理委託施設三十二カ所に、恩田運動公園、中央公園、東岐波体育広場、楠若者センターなど七施設を加えた三十九施設。管理者は原則公募だが、専門的で高度な技術が必要な場合などは単独指定することもある。公募の際は、市役所、楠総合支所、各市民センターなどに資料を掲示し、市ホームページや広報、新聞などを通じて周知する。問い合わせは総務部総務課(電話34-8104)まで。

カテゴリー:アーカイブ2005年8月31日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single