衆院選比例中国ブロック、社民新人・羽熊さんが第一声

 衆院選中国ブロック比例代表(定数十一)の社民党新人、羽熊(はぐま)直行候補(61)が三十日午後、宇部市で第一声。党県連代表の佐々木明美県議と共にフジグラン宇部前で、支持者ら五十人を前に「小泉改革に歯止めを掛け、暮らしと平和を守ろう」と訴えた。
 羽熊候補は一九四四年八月、岩国市生まれ。広島大医学部卒。現住所は広島市佐伯区で、玖珂町に医院を開業している。党県連副代表、長島(上関町)の自然を守る会幹事などを務めている。

 支持を訴える佐々木代表と羽熊候補(フジグラン宇部前で)

カテゴリー:アーカイブ2005年8月31日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ