市内13中学校に「宇部市地域イントラネットワーク」導入

 山口大と宇部市、市教育委員会がタイアップして、遠隔授業を受けたり、テレビ会議を開いたりすることができる「宇部市地域イントラネットワーク」が、市内公立十三中学校に整備され二十六日、テスト運用が行われた。各校に居ながらにして、学校間交流や教職員の研修会が可能となる。十月からの本格運用を目指している。
 今回、中学校に導入した“多対多”システムは、画面を通じて実際に集まって会議をしているような情報交換が可能になる。現在、同時に九カ所を結んでいるが、将来は十六カ所を結び、全中学校をカバーする。運用内容としては、学校間の紹介や生徒間交流のほか、会議の日時・場所を設定して実施していた教職員研修会を、各校に居ながらにして行うことが可能。非常時の緊急校長会も、即座にテレビ会議で開くことができる。

 9分割されたスクリーン映像を見ながら質疑を交わしたテスト運用(神原中で)

カテゴリー:アーカイブ2005年8月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single