「こばと」が30日から豆腐の販売開始

 知的障害者施設うべくるみ園の小規模通所授産施設こばと(阿野尚之施設長、川上高嶺)の新たな作業となる豆腐の製造・販売が、三十日から始まる。既に個別の作業場が完成。将来的には、現在の裂き織りに代わるメーン作業として考えており、関係者にとっては待望のオープンとなる。
 商品は、絹ごしのようで水分の多い「よせとうふ こばとの夢」と水分が切ってある分、若干硬めの「ざるとうふ 笑(ほほえみ)」の二種類。夢は二百グラムで二百十円、笑は百八十グラムで二百三十円。問い合わせはこばと(電話35―5217)へ。

 利用者に作業を説明する金泉さん(川上のこばとで)

カテゴリー:アーカイブ2005年8月25日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single