宇部市地域福祉計画策定の懇談会に延べ1577人が参加

 宇部市の地域福祉計画策定に向けた校区別懇談会は二十四日、厚南校区を最後に、全二十四校区での開催を終了した。各種団体の代表や公募の参加者延べ千五百七十七人が、それぞれの地域の実情に沿った課題と、解決に向けてのアイデアを出し合った。懇談会で出された生活課題は項目別に分類し、住民自らが実践できる身近な福祉計画作りのほか、市の生涯学習の推進、地域コミュニティーの充実にも生かされる。
 地域福祉計画は、社会福祉法に規定された今後の地域福祉の総合的な柱となる計画。全市域で、住民参画によって計画を策定するのは先駆的な試み。

 懇談会の最終を飾った厚南校区で課題解決のアイデアを発表する各班の代表(厚南市民センターで)

カテゴリー:アーカイブ2005年8月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ