きららガラス未来館にガラス壁画完成

 山陽小野田市の小学生五百五十人がエナメル素材で描いたガラスのモザイク画が完成し、きららガラス未来館にお目見えした。高さ三メートル、長さ六メートルの壁面を、子供たちの個性と夢が詰まった作品で埋め、一つのイメージ画にしている。二十、二十一日に同館で開かれる国民文化祭2006のプレイベント「ふれあいガラスフェスタ」で公開され、来年十一月の本祭まで展示される。

 何に見えるかな ― 完成したガラスのモザイク画(きららガラス未来館で)

カテゴリー:アーカイブ2005年8月18日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ