14日の静清工戦にむけ打撃練習徹底

 第八十七回全国高校野球選手権大会は十二日、大会七日目に入り、第四試合からは初戦を勝ち上がったチーム同士による熱い戦いがスタート。宇部商ナインも二回戦の静清工(静岡)戦が近づき、表情を引き締め、午前十一時から兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海公園野球場で二時間、精力的にメニューをこなした。
 前日に引き続き、フリーバッティングから開始。静清工の投手対策として、打撃投手に右上手と右横手から投げさせ、選手たちは大振りにならないよう、センター返しの打撃を徹底。この後、守備練習でたっぷりと汗をかき、最後は横手投げのタイミングを計るイメージトレーニングも行った。

 フリー打撃に励む選手たち(12日午前11時半ごろ、鳴尾浜臨海公園野球場で)

カテゴリー:アーカイブ2005年8月12日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ