宇部商、猛攻で初戦突破

 宇部商粘る相手を振り切り、二回戦へ-。第八十七回全国高校野球選手権大会四日目は九日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で一回戦四試合があり、第三試合に登場した宇部商は先発全員安打を記録し、新潟明訓(新潟)に7-4で勝利。春のセンバツに続いて、初戦を突破した。二回戦の相手は江の川(島根)を下した静清工(静岡)。十四日正午開始予定の第二試合で三回戦進出を懸けて戦う。十日は上阪後、初の完全休養日。選手たちは心身ともにリフレッシュして、次の試合に向け、再スタートする。

 宇部商は3回表無死3塁から、好永の適時打で工藤がかえり4点目(阪神甲子園球場で)

宇部商勝利の新聞を見る選手たち(10日午前9時20分ごろ、ホテル中寿美花壇で)

カテゴリー:アーカイブ2005年8月10日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ