上宇部中が校舎改築と開校40周年祝う

 上宇部中(石田博和校長、六百二人)で四日、校舎の全面建て替え工事の完了と、開校四十周年を祝う記念式典があり、生徒、保護者、教職員、地域の関係者約四百五十人が出席して、教育環境の充実と発展を祝った。開校は一九六二年で、今年で四十四年目になるが、改築工事の完了を待っていた。
 改築工事は二〇〇一年度から四年間にわたり、木造校舎八棟を順次、鉄筋コンクリート六棟に建て替えた。総事業費は約十七億八千万円。多様な学習形態に対応できるように、部屋をカーテンで三つの空間に仕切れる新世代学習空間や、オープンスペースを完備。山口大と市内企業の技術を使って、保健室には床暖房、駐車場の街灯には白色LED(発光ダイオード)を採用している。

 式典であいさつする石田校長(4日午前10時20分ごろ、上宇部中で)

カテゴリー:アーカイブ2005年8月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single