8日まで防火スケッチ大会

 第二十八回防火スケッチ大会(宇部市消防本部など主催)が一日から始まった。初日は俵田体育館前であり、幼・保育園児と児童約二百人が参加。画板を抱えた子供たちは、ポンプ車やはしご車の前に座り、画用紙いっぱいに大胆にスケッチしたり、車両の隅々まで細かに描いたりしていた。
 審査は九月八日にあり、作品の展示は同月十四日から二十七日まで市シルバーふれあいセンターで行われる。

 消防車を見ながらスケッチする子供たち(1日午前9時半ごろ、俵田体育館前で)

カテゴリー:アーカイブ2005年8月1日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ