JA山口宇部アンケートで「農業経営維持できない」半数に

 農業経営を「すぐにやめたい」または「5年以内にやめたい」と考えている地元の農家が、過半数に達していることが29日、JA山口宇部(吉本正夫組合長)が実施した意向調査で明らかになった。就農者の高齢化や担い手不足の問題が表面化して久しいが、数値は状況の深刻さを具体的に裏付けるもので、早急な対策が求められている。
 現状の農業経営と将来展望を把握するために、宇部・山陽小野田・阿知須の管内二市一町の全農家七千三百戸を対象に実施。五千二百九十六戸(72・5%)の有効回答を得た。

 

カテゴリー:アーカイブ2005年7月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single