28日は土用の丑

 あす二十八日は土用の丑(うし)。宇部市中央町の魚宗(吉野詠三社長)本店では、本場・静岡県などから取り寄せた上質のウナギのかば焼き作りに追われている。連日の猛暑もあって売り上げは好調。調理場では職人たちが、包丁やたれを染み込ませたはけを慌ただしく動かし続けている。
 素材にこだわる同店は浜名湖産だけでなく、新興ブランドの鹿児島産の上物も確保。「国内産は肉が厚く、味が良いが、今年は例年になく脂が乗っていて、お薦め」と吉野社長。

 汗だくになってかば焼きを仕上げる職人(27日午前10時ごろ、中央町の魚宗で)

カテゴリー:アーカイブ2005年7月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single