通学区域検討協初会合で望ましい通学区域検討

 宇部市通学区域検討協議会の初会合は26日、市役所であり、小・中学校の望ましい通学区域の設定に向けて、委員16人が検討に入った。教育長の私的諮問機関の位置付けで、任期中の2年間をめどに意見の集約を図る。会長には岡村元昭さん(市議、楠地区自治会連合会会長)、副会長には一ノ瀬秀文さん(藤山校区コミュニティー推進協議会会長)を選出した。

カテゴリー:アーカイブ2005年7月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single