“まぼろしの花”咲く

 宇部市西桃山の河野良次さん(67)の畑で、高さ約10メートルのアオノリュウゼツランが開花した。60~70年に1度しか咲かない“まぼろしの花”として知られる。淡黄色の美しい花に、近所の人たちも足を止めている。
 現地を訪れた武永順次・常盤公園熱帯植物館副館長によると、アオノリュウゼツランはメキシコ産の多年草で、開花した株は半年から1年後に枯れてしまう。開花したばかりの河野さんの花は、8月中旬まで楽しめそうという。

 開花したリュウゼツラン(宇部市西桃山で)

カテゴリー:アーカイブ2005年7月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single