精保ボランティア「さらだ」発会

 宇部地域精神保健ボランティア「さらだ」(有冨美恵子会長、十三人)の発会式を兼ねた料理教室と会食会が十九日、福祉会館であり、県、宇部市、山陽小野田市の関係者を含む六十人が、福祉の向上を誓った。
 宇部健康福祉センターは、在宅の精神障害者や回復者の自立を支援するため、デイケアや料理教室を開いているが、料理研究家である有冨会長は十数年来これに協力してきた。二〇〇三-〇四年度に県の「心の健康ボランティア講座」が開かれ、修了生たちが活動に参加。宇部市社会福祉協議会にボランティア団体として登録し、四月から正式に活動のスタートを切った。

 会食会用に作ったサラダを前に「さらだ」の会員たち(福祉会館で)

カテゴリー:アーカイブ2005年7月20日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single