ローカル・マニフェスト実現へ、市が「経営戦略会議」

 宇部市は二十日、大局的な観点から市政運営や重要施策を検討する「経営戦略会議」を立ち上げた。三役をはじめ部長クラス以上の十九人で構成。藤田忠夫市長が先の市長選挙で掲げたローカル・マニフェスト(政策公約)を、市の施策としてどう実現・展開するか、新市建設計画の重点戦略プロジェクトの推進と併せて議論し、進行を管理する。同日、第三次市総合計画後期基本計画の策定本部も設置した。
 経営戦略会議のメンバーは市長、助役、収入役、教育長、特別参与と部長ら。計画策定段階から意見を出し合い、複数部局にまたがる施策の総合調整も実施。トップマネジメントの強化を図る。

 ペーパーレスでパソコン画面を見ながら会議を進めるメンバー(20日午前9時20分、市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2005年7月20日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ