小野田工高で不法侵入者への初の訓練

 小野田工高(武田種雄校長、三百九十五人)で十九日、不審者の侵入に備えた訓練が行われ、全校生徒や教職員が、不審者への対応や、避難通路、警察への通報体制などを確認し合った。
 全国の学校で、不法侵入者が起こす事件が増えているのを受け、全日制では警察の指導の下、初めての大掛かりな訓練。定時制は昨年実施している。

 不審者にいすで対抗する教員たち(小野田工高で)

カテゴリー:アーカイブ2005年7月20日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ