現代日本彫刻展の作品搬入始まる

 今秋、常盤公園の宇部市野外彫刻美術館で第二十一回現代日本彫刻展が開かれる。出品作それぞれの展示位置が十六日に決まり、十九日には一番乗りの作家が現地制作のために宇部入り。八月末までには、湖に臨む丘に全二十作品がそろう。
 同展は、一九六五年から隔年で開かれており、野外彫刻展の草分け的な存在として国内外に知られている。二十一回展は「ときめく宇部」をテーマに、十月一日から十一月十三日まで開催。昨年のコンクールで選ばれた公募作家十人と、実績を評価されて選出された招待作家十人の計二十人が出品する。

 会場各位置の傾斜を測る運営委員と市職員(常盤公園で)

カテゴリー:アーカイブ2005年7月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single