楠中生徒と中国山東省学生訪問団が交流

 楠中(小川二伸校長、百九十七人)で十五日、中国山東省学生訪問団との交流会があった。浴衣の着付けなど、生徒が準備した体験コーナーで楽しんだり、各種部活で一緒にプレーしたりして思い出をつくった。
 歓迎式の後は、それぞれの体験コーナーや部活動に分かれて交流。訪問団の女子に一番人気があったのは、浴衣の着付けコーナー。一足早く浴衣に着替えた三年生女子が、同年代の子の着付けを手伝い、身ぶり手ぶりのコミュニケーションが弾んだ。浴衣姿になった訪問団の女子たちは、あでやかな生地や帯の色、和風の柄を気に入って、何枚も写真に納まっていた。

 楠中の生徒に手伝ってもらいながら、浴衣に着替える訪問団メンバー(同中で)

カテゴリー:アーカイブ2005年7月16日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ