青少年問題で警察と学校が意見交換

 光高での爆発物投げ込み事件や下関市の中学生の自殺をはじめ、少年犯罪、少年少女を狙った犯罪の多発化を受け、小野田と厚狭の両警察署、市内の小・中・高校長、教育委員会関係者が十五日、市民館に集まり、非行防止、犯罪抑止について意見を交換した。
 児童・生徒が関連した事件・事故が発生すると、県教委から市教委を経て各校に安全を徹底させる文書が通達される。
 そのほか防犯や健全育成関係の会合で情報交換、対応を進めているが、子供たちが開放的になる夏休みを前に、三者が情報を共有し、子供たちの動きに細心の注意を払おうと、異例の会合を開いた。

カテゴリー:アーカイブ2005年7月16日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single