ヤツガシラが自慢の冠羽広げご愛嬌

 国内ではまれにしか目にすることができない旅鳥のヤツガシラが、宇部市則貞の常松勝紀さん(63)方の庭や裏の畑に、11、12日と連日、姿を見せた。くちばしを地面に差し込んで虫などの餌をついばんだり、木や電線に止まって羽を休めたりして愛きょうを振りまいていた。
 ヤツガシラは、アフリカや東南アジアなど南方で多く見られる。頭の冠羽が特徴で、広げると八本あることから名前の由来にもなっている。また、翼と背中には白と黒のしま模様がある。

 モヒカン頭のように冠羽を広げるヤツガシラ(則貞の常松さん方で)

カテゴリー:アーカイブ2005年7月13日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single