省エネ研究会が「コンビニ」テーマに討論会

 自分にできる身近な省エネを考えてもらおうと、省エネ研究会(伊藤ひろみ代表、六人)は十日、ディベート形式の討論会を宇部市の文化会館で開いた。七十人が参加し、「コンビニの二十四時間営業を規制すべきである」をテーマに、ディベーター(登壇者)が賛成側と反対側に分かれてパフォーマンス。ディベートを聞いた参加者からも生活や経験に基づく意見が飛び出し、それぞれが自分なりの省エネの実践を誓った。
 討論会に先駆けて行われた市地球温暖化対策ネットワーク(中西弘代表)の総会では、事務局長に石井隆さんが就任。市環境共生課から旧市公害分析センター(寿町二丁目)へ事務局が移転したことが伝えられた。

 コンビニの24時間営業について意見を戦わせるディベーター(文化会館で)

カテゴリー:アーカイブ2005年7月11日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ