県内で雷を伴う大雨の恐れ

 宇部地方は九日未明から雨が降り始め、同日午前九時現在、東岐波ふれあいセンターと西岐波ふれあいセンターでは五五・五ミリの雨量を観測。午前七-八時の一時間に、西岐波ふれあいセンターでは二五・五ミリの強い雨が降った。
 下関地方気象台によると、県内は九日宵のうちまで、雷を伴った激しい雨が降る恐れがあり、土砂災害や河川の増水への注意も必要。あす十日も朝鮮半島南岸付近に梅雨前線が停滞する見込みで、県内は湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定で、おおむね雨で雷を伴う所もあるという。週間天気予報でも、向こう一週間は、前線の影響で曇りや雨の日が多くなっている。

カテゴリー:アーカイブ2005年7月9日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ