来年度開催の国民文化祭で多目的トイレ設置

 来年十一月に開かれる「国民文化祭やまぐち2006」でガラス工芸など三部門を引き受ける山陽小野田市は、オストメイト(人工肛門・ぼうこう保有者)に対応した多目的トイレを新たに設置する。市議会一般質問四日目の八日、吉永美子議員(公明会)の質問に対し、白井博文市長が来年度の予算化を明言した。
 ガラス工芸部門の会場となる、きららガラス未来館に多目的トイレが設置されていることを受け、吉永議員は、国文祭で少年少女合唱祭、ジャズダンスフェスティバル会場の文化会館の身体障害者トイレの改修を提案。「少なくとも一カ所は造ってほしい」との要望に、白井市長は場所こそ特定しなかったが「予算に組み入れる」と答えた。

カテゴリー:アーカイブ2005年7月9日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single