3日までに100ミリ超雨量、土砂災害など注意を

 空梅雨から一転の大雨。三日は柳井市や周防大島町など県東部で家屋が浸水する被害が出た。宇部地方では一日午後から本格的に降り始め、三日までに市内全域で一〇〇ミリを超える雨量があった。最多は岬ふれあいセンターの一三七・五ミリ。
 きょう四日も午前十時までに、市内では二九・五ミリ(二俣瀬ふれあいセンター)から一一・五ミリ(市役所と原ふれあいセンター)までの雨量が観測された。下関地方気象台によると、五日は梅雨前線が九州中部まで南下し、県内はおおむね曇りで夕方ごろから雨の降る所があるという。これまでの降雨で地盤が緩んでいる所があり、土砂災害などへの注意を呼び掛けている。

カテゴリー:アーカイブ2005年7月4日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single