8月27日、イラクのドキュメンタリー映画「Little Birds」上映

 1年半にわたり、イラクの激しい戦火の中で取材を続けたジャーナリストが制作したドキュメンタリー映画「Little Birds(リトル バーズ)」が、8月27日午後1時半から宇部市のシルバーふれあいセンターで上映される。戦争により掛け替えのない日常を失った2人のイラク人を追ったもので、同実行委員会(飯田進代表)では「戦後60年を機に、もう一度、命の尊さを考えてほしい」と、来場を呼び掛けている。宇部日報社共催。
 映像ジャーナリストの綿井健陽(たけはる)さんが、開戦直前の二〇〇三年三月から暫定政府に主権を移譲した〇四年七月まで、首都バグダッドや自衛隊派遣地のサマワなど、イラク各地で取材を続け、撮りためた百二十時間の映像を一時間四十分に編集したもの。
 チケットは一般が千二百円、小・中・高生が五百円で、当日券はいずれも二百円増し。新天町一丁目の市民活動センター「青空」で取り扱っている。

 「Little Birds」のチラシ

カテゴリー:アーカイブ2005年7月2日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ