7月1日から2次節水で工水45%、上水20%カット

 宇部、山陽小野田市の水道局と企業十社でつくる厚東川工業用水利用者協議会は、七月一日午前九時から二次節水態勢をスタートさせる。現在の工業用水30%カットを、生産・市民活動への影響が出ないぎりぎりのラインである工水45%、上水20%カットに強化する。飲み水の節水は二〇〇二年九月-〇三年一月以来二年半ぶり。市水道局は節水推進対策本部を設置して対応策を練る。有帆川から取水している旧楠町地域の上水に影響は出ていない。
 一次節水は二十四日に始まったが、その後もまとまった雨が降らないため、二次に踏み切った。工水は主に冷却水として使われており、企業側は再利用するなどして対応する。上水は、水道を使用する際には分からない程度の節水で、直接的な市民啓発はしない。

カテゴリー:アーカイブ2005年6月30日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single