宇部市内で線路の置き石など多発

 線路での置き石や発煙筒の投げ入れといった列車の運行を妨げる事案が、宇部市内で相次ぎ発生している。けが人が出る惨事にはなっていないが、大事故にもつながる犯罪行為。警察やJRでは警戒を強め、市民からの情報提供も求めている。
 置き石などの列車の運行を妨げる行為は犯罪。刑罰も重く、往来危険罪は二年以上の懲役で、実際に列車が転覆したり、壊れるなどした場合は、三年以上の懲役または無期懲役。死者が出ると、死刑や無期懲役に刑が重くなる。

 

カテゴリー:アーカイブ2005年6月29日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single