政府指定の主要活断層に「宇部沖」追加

 政府指定の主要活断層に、新たに「宇部沖の断層帯」が加わることが二十七日までに分かった。地震調査研究推進本部(本部長・中山成彬文部科学大臣)が八月に正式決定する。
 周防灘を震源地とする震度3の地震が一九九一年十月に発生し、活断層の存在は早くから注視されていた。九八-〇一年に海上保安庁が調査したところ、約九千六百年前の断層の跡が確認されたという。

カテゴリー:アーカイブ2005年6月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single