小学生550人がガラス大壁画の制作開始

 山陽小野田市内の小学生五百五十人によるガラスの大壁画の制作が二十六日から始まった。色付きの板ガラスへの絵付け作業を、八月七日までに済ませる。組み合わせ作業を経て、同二十、二十一日に焼野海岸のきららガラス未来館で開かれる国民文化祭プレイベント「ふれあいガラスフェスタ」で展示・公開する。
 初日は、小学生八十人が午前と午後に分かれて、絵付け作業に取り組んだ。隣接する民間工房にスタジオを構えるガラス工芸作家の西川慎さん、池本美和さん、未来館スタッフの指導を受けながら、真剣な表情で板ガラスにエナメル顔料を塗っていた。

 西川さん(右)から指導を受ける三井瑞歩さん(きららガラス未来館で)

カテゴリー:アーカイブ2005年6月27日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single