宇部市長選、あす審判

 宇部市長選挙は二十六日に投票、即日開票され、新人で共産党公認の政党役員、五島博候補(49)と、四選を目指す無所属の藤田忠夫候補(65)の一騎打ちに、市民の審判が下る。投票率は八年前の前々回が38・60%、四年前の前回が35・12%と市長選史上最低を連続更新しており、楠町の編入合併後初の選挙で、歯止めが掛かるか注目される。投票は午前七時から午後八時まで市内六十二会場で行われ、午後九時四十分から俵田体育館で開票。一回目の選挙速報が発表される午後十時半ごろには、大勢が判明する。
 宇部市選挙管理委員会と市明るい選挙推進協議会は二十四日、市内の大型スーパーなど四カ所で街頭啓発を行い、「二十六日は市長選です。投票に行ってください」と呼び掛けた。

 五島博候補

藤田忠夫候補

カテゴリー:アーカイブ2005年6月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ