寒天を使ったアイデア料理学ぶ

 最近、寒天がブームになっている。食物繊維が豊富でダイエットに効果的という点が、テレビの健康番組で相次いで紹介され、市内のスーパーは、こぞって特設コーナーを設置。ところてんは品薄の状態が続いている。宇部市男女共同参画センターで二十二日に開かれた寒天料理講習会には、過去最多の九十七人から応募があり、抽選で選ばれた三十六人が、寒天を使ったアイデア料理を学んだ。
 動物の骨や皮などのコラーゲンを利用したゼラチンに対して、寒天は植物性の食物繊維でノンカロリー。工夫次第でさまざまな料理に混ぜられるため、ほかの海草を調理するのに比べて扱いやすい。また、食前に取れば満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぐことができる。

 寒天を使った春巻きなどを作る受講者(22日午前10時半、市男女共同参画センターで)

カテゴリー:アーカイブ2005年6月22日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ