県教育関係団体会議で緊急共同アピール

 光高校の爆発事件、下関市の中学生の校内自殺事件を受けて二十一日、県庁で緊急教育関係団体会議が開かれ、「安心・安全な学校づくり」へ緊急共同アピールを発した。
 アピールによると、光高事件は「授業中に爆発物を投げ入れ生徒を傷つけるという過去に例を見ない重大事件」と位置付け、下関の事件を含め「事実を厳しく受け止め、二度とこうしたことが起こらないよう的確な対応を図っていかなければならない」として、「豊かな人間性や社会性を育てる『心の教育』の充実」「児童生徒一人ひとりへのきめ細かな対応と教育相談の充実」「安全な教育環境の確保」「学校・家庭・地域社会・関係機関の緊密な連携」の四項目を挙げている。

カテゴリー:アーカイブ2005年6月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single