うべ子ども21が「ガキんちょの時間」スタート

 ゆったりとした時間が流れ、いつでも話を聞いてくれる大人がいる“子供の居場所”をつくろうと、NPO法人うべ子ども21(長谷世志子理事長)は、二十二日から新事業「ガキんちょの時間」をスタートさせる。毎週水曜日に新天町二丁目アーケード内の子ども21事務所二階を開放。放課後の子供たちが自由に集まって、遊んだり、宿題をしたり、昼寝をしたり、したいことができる時間と場所を提供する。
「ガキんちょの時間」は、小学生から中学生までが対象。子ども21事務所二階の十六畳の広間と四畳半の小部屋二つ、台所を開放する。事務所にはトランプやカードゲーム、漫画本など、あらゆる遊び道具がそろっているが、テレビは置かず、メディア以外で子供たちが楽しみを見つけられる空間にする。開催は毎週水曜日の午後三時から六時まで。利用は無料。問い合わせは、子ども21(電話21-9114)へ。

カテゴリー:アーカイブ2005年6月14日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ