10校区が団結、新推進協スタート

 市ふるさとづくり推進協議会の総会は十一日、市役所であり、合併に伴う規約改正で、新市の組織が立ち上がった。初年度は、小野田の七校区と山陽の厚陽、津布田、埴生による十校区でスタート。厚狭と出合は準備が整い次第受け入れ、一体となって、古里発展の諸事業を進めていく。
 同推進協は、校区協議会の上部組織という位置付け。校区協選出の代議員で、理事会と、総務、青少年、文化体育、研修、福祉環境の五部門を構成する。
 今年度事業計画は、旧小野田の例に沿い、あいさつ運動(毎月十五日)、青少年健全育成、アダプトプログラム(公共場所の清掃美化)、環境パトロール、広報などを推進していく。

 あいさつする安部会長(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2005年6月13日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single