7月18日「小野田みなと祭花火大会」開催決定

 第四十四回「小野田みなと祭花火大会」は、七月十八日午後八時から小野田運動広場と市サッカー場を観覧会場に開かれる。二年ぶりに開催され、古里の夏の夜空を彩る。雨天の場合は二十日に順延。実施協議会が七日、市商工センターで開かれ、協賛団体や関係機関の関係者二十五人が出席し、要項を決めた。
 実施規模は、おととしに準じた規模、内容で開催する予定。各共催団体、事業所からスポンサー、協賛を募っている。同年の事業費は約千六百万円だった。前回並みの約三千発が東沖ファクトリーパークから打ち上げられる予定。今後、会場警備、駐車場、交通整理など事故防止対策については、安全会議を開いて協議する。

 花火大会の開催に向け、協力を呼び掛ける末廣副会頭(市商工センターで)

カテゴリー:アーカイブ2005年6月8日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ