歯の健康フェアで健康管理の大切さ再考

「歯の衛生週間」(四|十日)にちなんで、歯の健康フェア(宇部歯科医師会、市など主催)が五日、市シルバーふれあいセンターで開かれた。今年のテーマは「お口は健康の窓口」。たくさんの親子連れらが受診した。成人歯科講座もあり、寸劇などで歯の健康管理の大切さを説明していた。湊隆生会長をはじめ歯科医、歯科衛生士ら約五十人が対応した。
 歯のなんでも相談、口腔(こうこう)健診、歯ブラシ指導などの各コーナーを設置。フッ化物洗口コーナーでは、虫歯予防効果があるフッ化物を活用した「フッ化ナトリウム溶液」のうがいの励行をPR。菓子やおもちゃが当たるくじ引きもあり、サービスに努めていた。リピーターも増えて、フェアがすっかり市民に定着していることをうかがわせた。

 歯の健康診断を受ける市民(市シルバーふれあいセンターで)

カテゴリー:アーカイブ2005年6月6日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ